tamiken-blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

switch

おつかれちゃん

今日電車乗ってたら車内TV放送で
「ヘアースプレー」ミュージカルの宣伝をしてました

映画「ヘアースプレー」といったら
大学時代に映画館で友達と見て
テンションあがってサントラ探しの旅に出た事は未だ記憶に新しく
個人的なミュージカル映画ブームを巻き起こすきっかけとなった作品です

特に黒人と白人の差別を明るく歌う(この映画の本質でもあるけれど・・・)
「run and tell that」は名曲でダンスもかっこいいし
映像無くても個人的には全然聞けます

チケットあればこれはいくっきゃねぇ!

と、まぁそんな事を考えいたら
自分の中の映画switchが完全に
「ポチっ」と入りました

大学時代かなりの本数の映画を見ていた僕(暇人)
大学2年の頃経済学部、教育学部、工学部のわけわからん部員三人からなる
「映画サークル」(活動期間4ヶ月)のサー長でもある僕
完全に映画見たくなりました

今週末100%見よう


と言う訳で勝手にまた見たい映画を挙げます

結構有名な映画だから知ってたらごめん

「ペーパー・ムーン」


舞台は70年代のアメリカで
本を売りつける詐欺師と親を亡くした9歳の子供の二人が織り成すロードムービー
あらすじは至って単純だけれども
それがかえってテイタム・オニール演じるこの9歳の子供のキャラを際立たせている

9歳でアカデミー助演賞は今もやぶられてないはず

とにかくエンターテイメント性が本当に高い作品だと思います

見なきゃソン!


「ビックフィッシュ」


昔から父親は息子にいつも嘘か本当かも分からない
物語の様な自分の昔話をしていた
息子は本当の過去を語ろうとしない父親に嫌気がさしていた

そんな中父親の死期が近い事が発覚

息子は父親に本当の過去の話を聞こうとする

そこから父親の回想と現実の様々な物語が始まっていく・・・

この映画の最大の見物はラストシーンだと思う
親父の死に際で今まで出会った様々な人に見送られるシーン
これ涙もんです

誰しもこんな死に際ならいいなぁと思うはず

見なきゃソンゴクウ!



次は・・

おっとここにきて大失態!!
俺マジ眠いっす!
まぶたが油圧ジャッキで押し縮められているかのようっす

「ショーシャンクの空に」とか「羊たちの沈黙」とか「ライフイズビューティフル」とか

最近行ったデートで焼き肉屋行ってから「ソウ5」見てエグ過ぎてテンションすげー下がった話とか色々書こうと思ってたのにっ

睡眠switchには勝てませんな

また映画switch入ったら書きます


おやすみなさい

スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 23:57:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<僥倖 | ホーム | 羅列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamiken46.blog38.fc2.com/tb.php/31-73f3e607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。